スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GvG 2010/11/14

SMAP同盟が再結成した。
お祭りですが。

今週はタラ盾を持って行かなかったという
GvGでは初めての行為であったが
RG様ならなんとかなる。

予定はF2生茶攻め。
防衛確認後、F2開始。

生茶は守護石防衛は初っぱなから放棄で
アーチ部分で全力の防衛布陣。
アーチ下で敵前衛が固まっていると抜けにくくてつらい。
敵前衛を削りきったあたりで、するすると通過組が増え続け
広間左上のほうで突破してEmCで成功する。

防衛側はバリケ1-2水路で防衛開始。
初手でマンドラゴラが防衛側に大きく及ぼし決壊。
奥まで進軍できたものの、EmCが停滞したため水路外まで追いやられる。
しばらく一進一退が続いたものの何とか突破に成功しバリケ2破壊する。

バリケ3は即破壊。
いつものエンペルームT字通路へ。
やはり攻略に時間がかかる硬い防衛ポイント。
こちらのほうは押され気味ではあったが
徐々に押して防衛決壊。

最終ラインのエンペ周辺防衛が不安ではあったが
あっさり決壊したためエンペ破壊開始。
破壊中、防衛側の復帰組が破壊阻止にまわり危ういところであったが
エンペ破壊に成功する。

ただちに防衛開始。
バリケ3奥のT字防衛。
攻め時に驚異的だったStBの使い手がしっかりと認知されたおかげか
防衛時は処理がしっかりと機能し安定ぎみ。
一度L字の奥まで押されたが内周までは全軍通すことなく押し戻す。
そのまま22時まで戦闘し、防衛成功。

局地的な話なら
バンディングRG vs バンディングRGのバニシングの撃ち合いが面白くみえた。
Gravityが想定したGvGとはこのようなかんじなのだろうか。
バンディングはRG軍団が最前線で足止めしてくれってかんじの仕様だし。

RG弱体化+跳び蹴り禁止で、それほど壊滅ゲームにはならなくなったのは明らかだが
いずれ解禁された場合は再度壊滅ゲームになるのかどうか
わかってることは、あと数回は禁止と解禁の繰り返しがあるため
そのたびにGvGバランスが変わっていくという考えると実に面倒である。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://scoll7.blog113.fc2.com/tb.php/494-120f6295

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。